量が多い髪を軽くする その時のすく位置 メンズ編

Pocket

量が多い髪を軽くする にはどうすればよいのか?

もちろんセニングシザー というはさみで すく か

スライシング などで 間引いて かるくするしかないですね。

髪を軽くする際に内側や中間に「短い毛」ができます。

特に男性の場合は髪が多いとしっかりすいたり間引くので根元から短い毛を作る必要があります。

根元からというと正直びっくりしてしまうでしょう。

しかしそういった技術も使用しないとより希望の質感やシルエットに近づけることが難しい場合もあります。

もちろん、髪が動いたとき見えてしまう位置に短い毛をうくることはタブーです。

また、数か月後に髪を分けるつもりなのにその部分に事前に短い毛を作ってしまうと今よくても数か月後は悲惨な状態になってしまいます。

ちゃんと計画を担当者と事前に話しておくことが肝心です。

量が多い髪を軽くする

にはいろんなルールがあるだろうことがなんとなくわかりましたね。実はもっといろいろあります。

このようなルールをしっかり話し安心したうえで

量が多い髪を軽くする

ことをしていけばさまざまなトラブルを回避できます。「すく」 行為はいがいとカラーやパーマ、ダメージなどいろいろなことに関係してきます。

とても重要なことです。