Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

施術後の髪

こんにちわ。

皆様『残留アルカリ』とゆう言葉は

聞き覚えはありますか?

カラー剤、パーマ剤など

薬剤には大体アルカリ剤が入っています。

そのアルカリ剤が

施術後も髪に残ってしまうことを

『残留アルカリ』

と言います。

今回はこちら

残留アルカリについてお話します!

〈残留アルカリがあるとどうなる?〉

若干化学な話になるのですが、

髪の毛のpH値はご存知でしょうか?

…そう弱酸性で4.5~5.5ですね!笑

弱酸性であることで髪の毛のキューティクルが閉まっている状態になります。

これが残留アルカリがある

アルカリ性に傾くのでキューティクルが開いている状態になります。

〈アルカリ性に傾くとどうなる?〉

問題は残留アルカリがある状態の髪がどんな影響を受けているのか?ですね!

前述にあるよう

キューティクルが開いている状態になるので

毛髪の中にある

『栄養成分』が外に流れ出やすい状態になってしまいます!

放置すればする程髪はパサつき易くなっていきます。

加えてカラーをしている方は

『色味』も流れ落ち易いのでもちも悪くなります…。

〈どうすればいいか?〉

どう対処するかですが

残留してるなら暫くしたら落ちる?と思う方もいるかもしれませんが

残念ながらケアしなければ元のpH値には戻りません…。

なので手段としては

1.美容院でアルカリ除去をきちんとしてもらう。

2.弱酸性のシャンプーを使い抜いていく。

ホームケアで除去する場合の酸性のシャンプーですが、酸性は少し髪がパリッとした質感になるかもしれないため、注意が必要になるかもしれません。

なので、

カラーやパーマなどの施術にした後は

きちんとアルカリ除去をしてトリートメントをしてもらいましょう!

KAZEでは

きちんpH調整していますのでご安心下さい!!

ではまた!

KAZEでは、

アルカリ除去を加えてトリートメントをしているので

ご安心下さい!

こちらの記事もどうぞ!