Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

光の種類

こんにちわ。

カラーして帰った時

『あれ、こんな色だったっけ?』

って思うことはありませんか?

もちろん知っている方の方が多いとは

思いますが

『光源』の種類でカラーの見え方は大きく変わります。

今回はどんな光源だと

どんな風に見えるのかのお話です。

まず大体の

『光源の種類』と『特徴』について

〈太陽光〉

昼間の外の太陽光は均一な全波長を含むため、髪本来の色で見えます。

〈蛍光灯:昼光、昼白色〉

白色灯より青味が暖和されているため、自然な色味に近い色で髪色が見えます。

〈蛍光灯:白色灯〉

青味が強いため、髪の色も青味にシフトして見えます。

〈白熱灯:リフレクターランプ等〉

蛍光灯より明るく、種類やワット数によって色の見え方は異なりますが、蛍光灯よりも太陽に近い状態で髪色が見えます。

〈白熱灯:豆電球〉

明るさが足りないため、美容室で使用されていませんが、髪色としては赤味にシフトして見えます。

IMG_8479.gif

結構変わりますね。

色が変わったせいで色が抜けた!と錯覚する人もいるので注意すべきかもしれませんね。

こちらの記事もどうぞ!