Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

白髪染めで暗くなってしまうのが嫌い

白髪染めで暗くなってしまうのが嫌い
な方々は多いはずです。
しかし美容室に行くと暗くなってしまう。
そんな時は髪が明るくなる白髪染めを選択する必要があります。
しかし明るく白髪を染める場合はテクニックが必要になります。

白髪が生えているお客様にはいろいろなタイプの方がいます。

・白髪だけ
・白髪の方が多い
・黒髪の方が多い
・少しだけ白髪がある

などです。

白髪染めをする場合は白髪だけでしたら、白い画用紙に一色のフィルムをのせると色が変わるように、希望の色になるカラー剤をのせればよいだけです。

しかし黒髪と白髪の2種類がある場合黒髪と白髪両方にアプローチをかけなければなりません。

黒髪には色が入りますが、白髪には色が入らないものがあります。これは時間が経つと抜けてくるため次に色を変化させることが容易です。

白髪を染めることができるカラー剤は時間が経ってもある一定までしか色が抜けず
茶色が残留してしまいます。少し明るくはなるものの赤みも出てきます。
白髪と黒髪が混在する髪にそのカラー剤を加えるとそれは黒髪も染めてしまいます。ブラウンが加わるため白髪より濃く入ってしまいます。

そのため黒髪を明るくしながら白髪も黒髪も染めるという白髪染めカラー剤を使用すると今度はしっかりした技術で施術しなければ、白髪が少し色が薄くなってしまいます。
そのためお客様とのご相談の上繊細な色とトーン選択をする必要があるものが現在の白髪染めとなります。

そのため
白髪染めで暗くした方がしっかり染まるのでそれを選択せざるを得なく
暗くなってしまうパターンが多くなっているように感じます。
そのほうが手入れもしやすく分かりやすいからです。

白髪染めで暗くなってしまうのが嫌い

という方が多いのでやはりそういった明るくて繊細な白髪染めカラーをお求めの場合は
家での扱い方や
髪がどのように色が抜けていくのか、
次回はどのような色が可能でどのような色やトーンが不可能なのか

などを
理解して

担当美容師と相談していく必要があります。

通常のカラーより白髪染めのカラー選択は難しいですが慣れればルールをもとに

様々な色を楽しめるのでぜひトライしてみてください。

少しは白髪がなかった頃より
手間はかかってしまいます。

しかし
白髪あるからこそ
出せる色もあります。

白髪染めに対する質問が多いので、
今後はたくさん白髪染めの情報を載せていきたいと思います。

白髪染め 白髪染 ヘアダイ ヘアカラー