Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

3、KAZEの消毒&非汚染の対策

・お客様へのご来店の際のコロナ対策お約束の徹底。
・スタッフお客様ともに体温測定管理。
・担当スタッフの非感染、非汚染営業。
・サロン内の汚染エリアと非汚染エリアをしっかり分ける。
・セット椅子の使い捨てビニルカバーの使用。
・セットテーブルの使い捨てカバーの使用。
・カットクロスの消毒。
・シャンプークロスは施術内容や希望により使い捨て。
・施術者お客様共にマスク着用の徹底。
・全部のドア、窓開放の維持。夏は温度が高い場合は定期的に開放
・お客様のアルコールによる手指消毒の徹底。
・施術者の頻繁な手洗い徹底。

【サロンの状態を分かりやすく写真でお伝え致します。】


非接触体温計でスタッフの体温管理とお客様の入店基準体温の測定



スタッフは常に朝昼晩体温を計測し、体調管理だけでなく基準値を超えた場合は即帰宅する規則となっています。

お客様のご来店基準は37度となっております。
しかしご来店の際に体温が上がる場合もございます。そのためご自宅で検温基準は37度として頂き到着時の検温では37度5分未満を入店ボーダーとさせて頂きます。その後風邪の症状が確認できた場合、大変恐縮ではありますが施術をしないでお返し致します。



アルコールは60%~81.4%までご用意。

手指消毒は2種類のアルコール消毒液をご用意。
お肌の負担をかけないようにするためのもの

負担はかかるが強力な消毒力があるもの。

テーブル椅子などの消毒用アルコールはすべて70-80度の強力タイプで清掃消毒しています。


1、60%以上のジェル状アルコール消毒液。適度な揮発でしっかり消毒できるもの。ヒアルロン酸の力でアルコールによる傷や荒れを防ぎ感染を防ぎます。

2、70~82度の高濃度アルコール。
しっかりした消毒力があり負担がかかります。
椅子やテーブルの消毒はこちらを使用します。
アルコール濃度60%以上は CDC(Centers for Disease Control and Prevention)アメリカ疾病予防管理センター

・ 北里大学大村智記念研究所 ウイルス感染制御学研究室Ⅰ 片山和彦教授らの研究グループ によるレポート。医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)不活化効果について



参考にしております。日本の NIID国立感染症研究所の情報 ですと
70%以上を勧めていますが人間の肌には強すぎるため日々使用する手指消毒には肌の弱い方にはお勧め出来ません。

椅子の手が当たる部分はすべて一人づつ多量の液体アルコール処理をし少しでも劣化するごとに新品の使い捨てのビニルカバーに取り換えでつねに除ウイルス

お客様の正面のテーブルにも使い捨てのビニルカバーを使用。 すべて一人づつ多量の液体アルコール処理をし少しでも劣化するごとに 使い捨てのビニルカバーに取り換え ます。
お客様の大切なものを安心して置く事ができます。

ひとつづつの席にアルコール消毒液を常設
好きな時に好きなだけ使用可能。

強力な紫外線器具でご帰宅の際もしくはご来店の際に心配なお客様はお持ちの「マスク」のウイルスや菌を100%滅菌致します。

雑誌はすべて消毒済みのiPadで安心してお読みいただけます。

お札の仕様が感染を心配させるようでしたら様々な決済が可能です。
PayPayや楽天Pay、auPayなどは他のものを触ることなくご自身のスマフォだけで決済が可能で御座います。

目次
(※以下の内容をクリック)





1、お客様へのご協力願い


2、ご来店~ご出発までの流れ


3、KAZEの消毒&非汚染の対策


4、現在の営業継続状況


5.今後の通常営業通常までの予定






KAZEではコロナウイルスに対して患者数の多いアメリカ合衆国の
CDC(Centers for Disease Control and Prevention)アメリカ疾病予防管理センター が
発表する基準をベースに

・NIID国立感染症研究所の情報もあわせて判断しコロナウイルス[COVID-19]の対策をおこなっております。

その他にも

・閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室 (内閣官房)
https://corona.go.jp/

・厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

の情報も参考にしています。

感染に対する予防:
感染した人が咳、くしゃみ、会話をするときに発生する呼吸飛沫を介して感染します。また症状が出ていない感染者からも感染します。
飛沫が飛んでいるものとして予防しています 。