Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パーマの知識

こんにちわ。

今回はパーマの還元剤について話します。

まず、パーマをかける際

『結合をきって再結合させて形を作る』

まず結合には4つの結合があり、

内3つの結合を利用し処理するのが

パーマの施術となっており

〈シスチン結合〉

〈水素結合〉

〈イオン結合〉

が切断、再結合し形になります。

パーマ剤大体は2浴式となっており

還元剤の1剤

酸化剤の2剤

と分けれらています。

1剤の還元剤でシスチン結合を外し

2剤の酸化剤で再結合させます。

…イオン結合、水素結合は

pH値を戻す過程、髪を乾かす過程で各々再結合します。

どれだけ強いパーマ剤でも、

切れる結合は全体の20%くらいと言われています。

さて、本題の還元剤の種類ですが

〈チオグリコール酸〉…しっかりかかるが硬さが出る

〈システアミン〉…柔らかい均一なカールがかかる

〈システイン〉…還元力が弱い、弾力が出る

〈チオグリセリン〉…硬い質感、健康には不向き

〈サルファイト〉…高アルカリなためダメージがある

〈スピエラ〉…酸性、独特な手触りとツヤが出る。

〈GMT〉…酸性、質感はチオグリコール酸に近い。

還元剤でも結構種類がありますね。

メーカーさんによってこれらを混ぜて

作っているので、

数は計り知れないです。笑

とこのように数が計り知れないくらいあり、

質感もダメージも薬剤によって全く変わって来ます。

パーマは〈セットが楽になる!〉とゆうイメージがあるかもしれませんが、

そのためには

どんな髪質でどんな風にかけたいかなど

あらゆる『情報』が必要です。

完璧な質感を出すためには

完全に美容師さん任せにするのはリスクがあるかも知れませんね。笑

ではまた、次回!

こちらの記事もどうぞ!