Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シャンプーの洗浄成分

こんにちわ。

今回はシャンプーに含まれている洗浄成分についてお話します。

シャンプーの洗浄成分は『界面活性剤』と呼ばれます。

1.

『ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステル塩

(ラウレス硫酸塩、サルフェート、高級アルコール系、ES、AESなどとも呼ばれる)』

汎用性のあるアニオン性界面活性剤です。

洗浄力や、泡立ちの良さ、泡のなめらかさが優れている。

以前は食器用洗剤等、様々な洗剤に使われていたが

近年では皮膚刺激性は低減している。

2.

『アミノ酸系(N-アシルタウリン塩、アシル化グルタミン酸塩など)』

皮脂の洗浄、泡立ち、泡のなめらかさは弱いため単独で使われることは少ない。

皮膚刺激性は1つ目と同じくらい。

3.

『ベタイン系(アルキルプロピルベタイン系、スルホベタイン系など)』

起泡助剤として使われる。

4.

『石鹸(脂肪酸ナトリウム/カリウム)』

低温で洗浄力は低下、洗浄力を発揮するのはアルカリ性なのでカラーのもちは悪くなる。

皮膚刺激性も少し高い。

こんな感じです。

シャンプーは個人差であうあわないがあるものなので、

参考までに知っといて貰えればと思います。笑

こちらの記事もどうぞ!