Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

黒い髪

こんにちわ。

今回髪を明るくする時や、

カラーの際に必ずと言っていい程、

関係してくる

『メラニン』に関して

説明していきます。

〈メラニンの量と大きさ〉

所謂、地毛の髪色は

メラニンの種類と量で決まってきます。

髪の重量の

約4.5%程を占めている

メラニンですが

大きい程暗く見え

小さい程明るく見えます。

また、メラニンが0%になると完全に白となります。

クリームっぽくなっている場合は

メラニンが多少は存在しています。

〈メラニンの種類〉

大きく分け2つあります。

それは、

『ユウメラニン(赤褐色)』

『フェオメラニン(黄赤色)』

とあります。

黒髪の人は

『ユウメラニン』が多く

ブロンドっぽい人は

『フェオメラニン』が多く存在します。

〈ブリーチするとどうなるか〉

まず黒髪の方がブリーチする場合

『ユウメラニン』が壊され

オレンジっぽくなります。

そして、さらにブリーチすることで

『フェオメラニン』の色が残り

黄色っぽくなっていきます。

つまり明るくして綺麗な色を入れる場合

黒髪スタートの人は

ある程度の回数ブリーチしなければならない

とゆうことです。

〈メラニンの働き〉

メラニンは有害な紫外線から

頭皮など守る働きがあります。

一概になければいいとゆうものではないので

忌々しく思わないで下さいね。笑

さて、

カラーに切っても切れない関係のメラニンに関しての

お話でした。

ではまた!

こちらの記事もどうぞ!