Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

耳にかけてはねてしまう毛

耳にかけてはねてしまう毛
が出てきてしまうことをよく聞きます。
<跳ねる部分>
右側を耳にかけるのであればかけた状態でクセがついてしまうため耳から下ろした場合は反転して跳ねてしまいます。

✨

1日の中で耳にかける場合はそのままかけっぱなしで

✨

耳から下ろすのであれば一日中下ろしっぱなしが

一番形を持続できます。

👌

結んでいた髪を解くと結び跡が取れないのと同じです。

👧

またこれからの季節は湿度も高くなり汗もかきます。☔️🌦

そのため濡れたままで耳にかかっているとそのまままるでパーマのようにクセがしっかり付いてしまい

🚿

濡らしてからセットしても耳にかけている時についたクセが出やすくなります。ご注意下さいませ。

✨

もし耳にかけたときの状態ではねてしまうのであれば
乾いた後でコントロールは難しく小さいヘアアイロンが必要なので
ドライングの時に
耳にかけたまま濡れた状態から乾かし前方にねじれば内巻きになります。

カットをする際も耳にかけたままカットすると耳にかけたままで安定したスタイルになりますが
耳から外した際はそこだけ長くなってしまったり跳ねてしまったりします。

💇‍♀️

こちらの記事もどうぞ!