Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シャンプートリートメントでの影響

シャンプートリートメントでの影響

シンプルに頭皮 毛髪をチェックする場合の項目とは

<頭皮>一般的なチェック項目は以下の通りです。

質問に対する答えは次のブログでお話しします。

直接頭皮に影響するシャンプーの効果に関係してきます。

・におい しっかり頭皮の汚れが落とせておらず頭皮の汗や脂質 が酸化してもしくは常在菌の影響で臭くなる

・色  頭皮の色が青ければ若くて健康 中年以上は頭皮はあまり青くありません。 赤みを帯びている場合は病的な炎症を起こしているもしくは日焼けの炎症。常に使用されているセット剤や直接頭皮につけるシャンプーやトリートメントの影響。などがあげられます。

シャンプーによって急に色が変化するようであればアレルギーとなります。

・炎症 何らかの影響でのかゆみ (ニキビ アレルギー 日焼けなど) 「頭皮の色」とも関連付けられます。

シャンプーによって急に炎症が起きるようであればアレルギーとなります。

・フケ 頭皮が乾燥している場合はフケが出やすい状態や、やや頭皮がはがれてカサついている状態になりやすく、頭皮がべたついている場合は頭皮がやや炎症を起こしている状態で皮膚から水分がにじみ頭皮がふやけて湿った状態になるためべたついた状態になりやすい。もしくは頭皮はかんそうしていてフケが出やすいが体を動かすと汗をかきやすくフケがべとつく場合もあります

乾燥のフケではシャンプーで脂質が除去されすぎて発生してしまう場合があります。

シャンプーの影響でべたつくようになる場合はアレルギーで炎症が起きています。

・かゆみ フケなど頭皮がはがれる際にかゆみを感じる。炎症で感じる。など

 シャンプーなどの後では乾燥もしくはアレルギーの影響が大きいです。

・乾燥 もともと頭皮が乾燥している場合はフケが出やすい状態や、やや頭皮がはがれてカサついている状態になりやすくかゆみを伴うこともあります。 シャンプーで脂質を取りすぎてしまっている場合があります。

・べたつき

炎症の場合は頭皮から水分がにじんでいる状況です。

 脂質が取り除けていない場合はほぼないので脂質の分泌が早くなってしまっている場合もべたつきが出ます。

シャンプーの影響ではアレルギーなどの影響となります。

3>>>>>>

上記の中からシンプルに簡単チェック項目を3つに絞ると↓

相反する

「乾燥ぎみの状態」 と  「湿った状態」

を順に確認した後に

その上記のトラブルから

次につながるのは

「かゆみ」となります。

自身で確認しやすい項目としてこの3つに絞りました。

Q1: 乾燥していますか?

Q2: べたつきはありますか?

Q3: かゆみはありましたか?

Q1,Q2でYESを選んだ方はQ3でYESになる場合が多いでしょう。

次は髪のチェックです。

4>>>>>>>>

シャンプーやトリートメントは素の髪をケアするというよりは

カット方法によるダメージに見えてしまう状態の髪をそう見えないようにしたりそういった手触りをフォローするものだと考えています。

<毛髪>

<毛髪>一般的なチェック項目は以下の通りです。

直接毛髪に影響するシャンプー、トリートメントの効果に関係してきます。

・ひっかかり★

てぐしを通した際に過去にすいた短い毛が混在。髪は毛先が一番傷みやすくそったり枝毛になったりしてからみ合う原因になります。

ヘアケアでやや通りがよくなることで効果を感じます。シリコンの影響で通りがよくなると髪が治ったと錯覚し効果を感じますが、カットの方法による影響が大きいです。

ケアの効果を感じやすいアプローチしやすい部分です。

・ダメージ

一般の方は毛先の色が明るくなっていると傷んで見えたり

すいた部分がばさばさしていることで枝毛が大量に発生していると間違えます。これはらセニングによる影響です。 切り口の毛先数ミリの色はぬけやすく、毛先はそるのでおもてにでてきてドライな印象になります。

・乾燥★

切り口の毛先数ミリの色はぬけやすく、毛先はそるのでおもてにでてきて面がマットになりドライな印象になります。すいてあるとそのエリアの毛はまるで細かいくせ毛と同様に隣同士の毛が分離して乾燥して見えます。ダメージのせいではないことがほとんどです。

セニングの状態で誤解されてしまうことが多い内容です。

ブリーチをしている髪まで行くと乾燥を感じます。

色が明るければ乾燥して見えます。ムラがあったり マットやアッシュなど寒色系はよりドライに。 部分的に明るいとそこはダメージに感じてドライに見えます。

オレンジや黄色など手入れをしていない色もイメージからドライに見えやすいです。

毛束が隣同士くっついていてつやがあったり

てぐしを通したとき適度に吸い付くような手ごたえを感じる髪の毛束をしっとりしているように感じる傾向にあります。

・はりこし★

髪が濡れているときにスクラッチしたり、ぐっと握ってみた際に

髪に適度にくせがつく場合や

乾燥している際に握ったときにもどりや跳ね返りを感じるとき

はりこし を感じるといえます。

必ずはりこしは必要なため質問しやすい項目です。

・髪の伸び

濡れているときに傷んでいる髪はゴムのように伸びます。

・枝毛

毛先や中間を見て一本の毛からははがれるように毛が枝状になっている場合

・うねり、くせ

乾燥や ダメージの むらにより 髪が乾いたときに部分的な収縮の違いによる髪の曲がり。

・ボリューム

くせの積み重なり 乾燥、ばさつきなど ふわふわ広がってしまう状態。もともとボリュームをいらう方はボリュームがおさまるとヘアケアがされているように感じる。

もともとボリュームがない髪の場合 逆にボリュームが出ると効き目を感じる。

ボリュームは皆様のもともとの毛髪によって答えが変わるのでチェックするべきではありません。

5>>>>

上記の中から3つに絞ると↓

引っかかりを基準にシャンプートリートメント後の髪の変化の第一印象がわかります。

乾燥しているか否かで髪の毛束同士の吸着状態がわかります

ハリコシを感じているか否かで最終的な髪の状態の変化がわかります。

こちらも自身で確認しやすい項目としてもこの3つに絞りました。

Q1: 手ぐしを通すとひっかかりますか?

Q2: 乾燥していますか?

Q3: はりこしを感じますか?

シャンプートリートメントでの影響

についてのチェック項目は以上となります。

次回に続きます。